トミー・ポール
画像提供:Getty

男子テニスのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は26日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのT・ポール(アメリカ)がワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク106位のJ・ソック(アメリカ)との同国対決を6-1, 6-1のストレートで制し、2017年以来5年ぶり2度目の初戦突破を決めた。

>>ダニエル 太郎vsティアフォー 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎らアトランタ・オープン組み合わせ<<

直近では今月10日に幕を閉じたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に出場し、16強入りを果たしていたポール。この試合の第1セットではファーストサービスが入ったときに87パーセントの高い確率でポイントを獲得。第1ゲームから5ゲーム連取に成功し、先行する。

続く第2セットでもポールは5ゲーム連取に成功。第6ゲームでこの日初のブレークを許したものの、2度目のサービング・フォー・ザ・マッチとなった第7ゲームを難なくキープし、1時間3分で勝利した。

勝利したポールは2回戦で世界ランク76位のクォン・スンウ(韓国)と対戦する。クォンは1回戦で同55位のM・ギロン(アメリカ)を7-6 (7-3), 4-6, 7-5のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第6シードのJ・ブルックスビー(アメリカ)、世界ランク51位のM・マクドナルド(アメリカ)らが2回戦に駒を進めている。