ドミニク・ティーム(全仏OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのジェネラリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)は27日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク199位のD・ティーム(オーストリア)が同235位のS・オフナー(オーストリア)を6-2, 3-6, 6-3のフルセットで下し、3大会連続で準々決勝へ進出した。

>>ダニエル 太郎vsティアフォー 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎らアトランタ・オープン組み合わせ<<

昨年6月に右手首を負傷し、約9ヶ月間の長期離脱を強いられた元世界ランク3位のティームは今年3月に復帰。初戦敗退が続いたなか、前々週のノルデア・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)で8強、前週のEFG スイス・オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)では昨年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)以来1年2ヶ月ぶりのツアー4強入りを果たした。

ティームは、今大会の1回戦で世界ランク157位のA・シェフチェンコを6-4, 6-2のストレートで破り、3大会連続で初戦を突破した。一方、予選を勝ち上がったオフナーは、1回戦で第10シードのR・ガスケ(フランス)を1-6, 7-5, 7-5の逆転で下しての勝ち上がり。

両者は2019年の同大会で対戦し、ティームが6-3, 6-2で勝利していた。

この試合の第1セット、ティームが第1ゲームでブレークを奪うと第5ゲームでも再びブレークに成功。深いストロークでオフナーを圧倒して36分で先取する。

このままティームがストレート勝ちを決めるかと思われたが、第2セット、オフナーが第6ゲームで先にブレークに成功すると、このリードを守って1セットオールとする。

迎えたファイナルセット、ティームが第1ゲームを40-0からブレークされると互いにキープができずゲームカウント2-2に。第5ゲームから両者サービスキープが続くと、第8ゲームでティームがブレークに成功。ティームはサービングフォーザマッチの第9ゲームを15-40から挽回して決め切り、オフナーを1時間57分で振り切った。

ティームは準々決勝で世界ランク140位のY・ハンフマン(ドイツ)と対戦する。ハンフマンは2回戦で第6シードのT・フリークスポール(オランダ)を6-3, 6-7(5-7), 6-4のフルセットで破っての勝ち上がり。ティームとハンフマンは今回が初顔合わせとなる。

また同日には、第3シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第5シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、第7シードのP・マルティネス(スペイン)、世界ランク68位のJ・レヘチカ(チェコ)、ワイルドカードで出場のF・ミソリッチ(オーストリア)が準々決勝進出を決めている。