ハンブルグOPでのホルガー・ルーネ
画像提供:Getty

男子テニスのクロアチア・オープン・ウマグ(クロアチア/ウマグ、レッドクレー、ATP250)は27日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのH・ルーネ(デンマーク)は世界ランク82位のB・ミラリェス(スペイン)に6-3, 3-6, 2-6の逆転で敗れ、6大会連続の初戦敗退となった。

>>インターハイ男子団体 組合せ<<

>>インターハイ女子団体 組合せ<<

19歳のルーネは5月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝。その後も同月のリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)で4強、6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で8強入りを果たしていた。

しかし、その後は6月のテラ・ウォルトマンオープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)とロスシー・インターナショナル(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)、7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)、ノルデア・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)、ハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)と5大会連続で初戦敗退を喫していた。

今大会の上位4シードは1回戦免除のため、初戦となったこの試合の第1セット、ルーネはファーストサービスが入ったときに88パーセントの高い確率でポイントを獲得。序盤で3ゲーム連取に成功し先行する。

しかし、第2セットでは第8ゲームでこの日初のブレークを許し1セットオールとされる。迎えたファイナルセット、序盤で3ゲーム連取を許したルーネ。第4ゲームでブレークバックに成功するも第7ゲームで3度目のブレークを奪われ、1時間52分で力尽きた。

勝利したミラリェスは準々決勝で世界ランク168位のG・ゼッピエリ(イタリア)と対戦する。ゼッピエリは2回戦で同99位のD・ガラン(コロンビア)を6-4, 3-6, 6-1のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのJ・シナー(イタリア)と世界ランク86位のR・カルバレス バエナ(スペイン)が8強に駒を進めている。