加藤未唯
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのライブスポーツ・プラハ・オープン(チェコ/プラハ、ハード、WTA250)は28日、ダブルス準々決勝が行われ、第3シードの加藤未唯/ S・マレー・シャラン(イギリス)組がL・フラデカ(チェコ)/ A・フラバーチコワ(チェコ)組を6-3, 6-1のストレートで破り、準決勝へ進出した。

>>インターハイ男子団体 組合せ・結果<<

>>インターハイ女子団体 組合せ・結果<<

今大会、初めてペアを組んだ加藤/ マレー・シャラン組。一方のフラデカ/ フラバーチコワ組は、2011年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と2013年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を含むツアー通算13勝を挙げている女子ダブルスを代表するベテランペア。

加藤/ マレー・シャラン組はこの試合、フラデカ/ フラバーチコワ組に対して1度もブレークを許さず、試合時間54分で勝利した。

加藤はA・スーチャディ(インドネシア)とのペアで、前々週のレディース・オープン・ローザンヌ(スイス/ローザンヌ、レッドクレー、WTA250)でベスト4、前週のハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ ハンブルグ、レッドクレー、WTA250)では準優勝を飾っており、3週連続でツアー4強入りを果たした。

加藤/ マレー・シャラン組は準決勝で、A・ガブエヴァ/ A・ザカロヴァ組とL・ハヴリチョーワ(チェコ)/ L・ノスコワ(チェコ)組の勝者と対戦する。