イガ・シフィオンテク
画像提供:Getty

女子テニスのBNPパリバ・ポーランド・オープン(ポーランド/ワルシャワ、クレー、WTA250)は28日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク146位のG・リー(ルーマニア)を6-3, 6-2のストレートで破り、地元でベスト8進出を決めた。

>>日比野 菜緒vsノスコワ 1ポイント速報<<

>>インターハイ団体戦 組合せ・結果<<

シフィオンテクは今月10日に幕を閉じたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では3回戦で敗れ、2年連続2度目のベスト16進出とはならず。連勝記録も37でストップしていた。

シフィオンテクは今大会の1回戦で世界ランク82位のM・フレッチ(ポーランド)を6-1, 6-2のストレートで破り、2回戦に進出。この日の第1セット、お互いにサービスキープが続き、シフィオンテクは第7ゲームから3ゲーム連取に成功し、わずか33分で先行する。続く第2セット、序盤で4ゲーム連取に成功し、そのままリードを守りきり1時間12分で勝利した。

シフィオンテクは準々決勝で第5シードのC・ガルシア(フランス)と対戦する。ガリシアは2回戦で世界ランク105位のE・コッチャレット(イタリア)を6-3, 7-5のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第8シードのP・マルティッチ(クロアチア)、第10シードのJ・パオリーニ(イタリア)、世界ランク103位のV・ゴルビッチ(スイス)らが8強へ駒を進めた。