ウィンブルドンでの西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

8月1日に開幕する男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は29日、シングルスの組合せを発表。世界ランク92位の西岡良仁は1回戦で同43位のJ・ブルックスビー(アメリカ)と対戦することが決定した。

>>大坂らムバダラ・シリコンバレー・クラシックの組合せ<<

>>インターハイ男子団体 組合せ・結果<<

>>インターハイ女子団体 組合せ・結果<<

西岡は4月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)、5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、今月10日に幕を閉じたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)とツアー本戦で3大会連続の初戦敗退を喫している。

また、ウィンブルドン以降はチャレンジャー2大会に出場。今月のジョージア・ローム・チャレンジャー(アメリカ/ローム、ハード、ATPチャレンジャー)とポルト・オープン(ポルトガル/ポルト、ハード、ATPチャレンジャー)で8強入りしている。

西岡とブルックスビーはツアー本戦では初の顔合わせ。今年1月のテニス・オハイオ・チャンピオンシップス(アメリカ/コロンバス、ハード、ATPチャレンジャー)で初めて対戦しており、西岡が6-3, 6-4のストレートで勝利している。

また、予選には世界ランク101位のダニエル太郎、同238位の綿貫陽介、同353位の望月慎太郎が出場。第1シードのダニエルは同520位のN・ルービン(アメリカ)、第9シードの綿貫は同1652位のA・フェンティ(アメリカ)、第11シードの望月は同1433位のA・ローソン(アメリカ)と初戦で顔を合わせる。

同大会の第1シードはA・ルブレフ、第2シードはH・フルカチュ(ポーランド)、第3シードはT・フリッツ(アメリカ)、第4シードはR・オペルカ(アメリカ)、第5シードはG・ディミトロフ(ブルガリア)、第6シードはD・シャポバロフ(カナダ)、第7シードはK・ハチャノフ、第8シードはB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)。