(左から)ハレプ、ラドゥカヌ、ヴィーナス
画像提供:ゲッティイメージズ

8月1日に開幕する女子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、WTA250)は29日にシングルスの組み合わせを発表。「WTA250」の大会に四大大会女王が6名出場するタフなドローとなった。

>>大坂らムバダラ・シリコンバレー・クラシックの組合せ<<

>>インターハイ団体 組合せ・結果<<

今大会は上位シード勢も1回戦から試合が組まれており、全32ドローで争われる。第1シードはJ・ペグラ(アメリカ)、第2シードはE・ラドゥカヌ(イギリス)、第3シードはS・ハレプ(ルーマニア)、第4シードはV・アザレンカとなった。

また、ワイルドカード(主催者推薦)として元世界ランク1位のV・ウィリアムズ(アメリカ)とS・ケニン(アメリカ)が出場するほか、世界ランク53位のS・スティーブンス(アメリカ)も参戦する。

(左から)ケニン、アザレンカ、スティーブンス

そのため、32ドローのうち6枠に四大大会シングルスの優勝者が出場することとなり、「WTA250」の大会では異例となるタフドローとなっている。

シティ・オープン出場者のうち四大大会シングルスの優勝経験のある6名は以下の通り。

第2シード:E・ラドゥカヌ 全米オープン(2021年)

第3シード:S・ハレプ 全仏オープン(2018年)、ウィンブルドン(2019年)

第4シード:V・アザレンカ 全豪オープン(2012・2013年)

ワイルドカード:V・ウィリアムズ 全米オープン(2000・2001年)、ウィンブルドン(2000・2001・2005・2007・2008年)

ワイルドカード:S・ケニン 全豪オープン(2020年)

S・スティーブンス 全米オープン(2017年)

ラドゥカヌは1回戦で世界ランク66位のM・ブズコバ(チェコ)、ハレプとヴィーナスは予選勝者と、アザレンカは同77位のD・ヤストレンスカ(ウクライナ)、スティーブンスは同69位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)、ケニンは同67位のC・オソリオ(コロンビア)と顔を合わせる。