(左から)大坂と土居
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの8月1日付WTA世界ランキングが発表され、日本勢では大坂なおみと土居美咲の2名がトップ100に名を連ねた。

>>大坂らムバダラ・シリコンバレー・クラシックの組合せ<<

>>大坂なおみ 1回戦1ポイント速報<<

大坂は今年5月に左足首(アキレス腱)を負傷し、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では初戦敗退。ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は欠場した。現在開催中のムバダラ・シリコンバレー・クラシック(アメリカ/サンノゼ、ハード、WTA500)で約2カ月ぶりの復帰を予定している。

また、土居は前週のBNPパリバ・ポーランド・オープン(ポーランド/ワルシャワ、クレー、WTA250)に出場したが、1回戦でC・ガルシア(フランス)に敗れた。ガルシアはその後優勝を飾っている。

その他ではライブスポーツ・プラハ・オープン(チェコ/プラハ、ハード、WTA250)で約1年3カ月ぶりのツアー8強入りをした日比野菜緒が57上げて194位に浮上した。

8月1日付の日本勢女子WTA世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数

■41位[ ↓1 ]…大坂なおみ
1,235ポイント

■100位[ ↓3 ]…土居美咲
655ポイント

■130位[ - ]…内島萌夏
481ポイント

■179位[ ↓1 ]…本玉真唯
352ポイント

■194位[ ↑57 ]…日比野菜緒
336ポイント

■195位[ - ]…内藤祐希
334ポイント

■231位[ ↑2 ]…奈良くるみ
288ポイント

■346位[ ↑8 ]…村松千裕
166ポイント

■354位[ ↑5 ]…坂詰姫野
163ポイント

■393位[ ↓22 ]…岡村恭香
138ポイント

■396位[ ↓2 ]…細木咲良
138ポイント