大坂なおみ
画像提供:Getty

女子テニスのムバダラ・シリコンバレー・クラシック(アメリカ/サンノゼ、ハード、WTA500)は2日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク41位の大坂なおみが同51位のジャン・チンウェン(中国)を6-4, 3-6, 6-1のフルセットで破り、初戦突破を果たすとともに5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来 約2カ月ぶりとなるツアー大会で白星を飾った。

>>大坂 なおみ 2回戦1ポイント速報<<

>>大坂らムバダラ・シリコンバレー・クラシックの組合せ<<

24歳の大坂は5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)で左足首(アキレス腱)を負傷。完治しないなかで出場した全仏オープンでは初戦敗退を喫していた。ツアー大会での勝利は5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)以来 約3カ月ぶりとなる。

この試合の第1セット、大坂は第2ゲームで2度のブレークポイントを凌ぐと直後の第3ゲームでブレークに成功。その後はサービスキープが続くとサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームで2度目のセットポイントをものにし先行する。

続く第2セットでは互いにサービスキープが続いたものの、大坂は第8ゲームでブレークを許し、セットカウント1−1に追いつかれる。

それでも迎えたファイナルセット、大坂は第1ゲームから5ゲーム連取に成功し、初顔合わせとなったジャンに勝利した。

勝利した大坂は2回戦で第6シードのC・ガウフ(アメリカ)と世界ランク52位のA・カリーニナ(ウクライナ)の勝者と対戦する。

同日には第9シードのV・クデルメトバと世界ランク168位のC・ドールハイド(アメリカ)が2回戦に駒を進めている。