優勝を果たした川村准椰
画像提供:tennis365.net

全国から集まった小学生が日本一を競う第40回第一生命全国小学生テニス選手権(東京/第一生命相娯園テニスコート、レッドクレー)は6日、男子シングルス準決勝と決勝が行われ、川村准椰(東京/八王子市立長池小学校)が優勝を飾った。

>>西岡 良仁vsルブレフ 1ポイント速報<<

>>大坂らナショナル・バンクOPの組合せ<<

この大会は、都道府県予選と地区予選に出場した小学生選手の中から選抜された男女それぞれ64名がトーナメント方式で参加し優勝者を決める。

5日までは雨天の影響で武蔵野ローンテニスクラブ(室内カーペット)で行われていたが、6日は今年から全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と同様にレッドクレー(赤土)が採用された、第一生命相娯園テニスコートで行われた。

準決勝をストレートで勝利した川村は、決勝の舞台でも躍動。近野司樹(茨城/龍ケ崎市立馴柴小学校)を相手に第1セットを6−0で先取すると、勢いを維持し第2セットも6−2とし快勝した。

表彰式後にインタビューに応えた川村は「練習でできたことが素直に試合で出てくるので、しっかりと結果を残すことができて良かったと思います。(サーフェスの変化について)やっぱり全然違うコートなので、クレーコートに合わせてきた練習とかをカーペットじゃ全然使えなくて。これまで、カーペットはカーペット、クレーはクレーである違いを朝練とか夕方の練習で合わせてきて本当に良かったです」と話した。

また、今後の目標に関しては「日本で活躍して、世界を目指せるようなプレーヤーになることを目標にしたいです」と力強く語った。

【男子シングルス準決勝】
※()内はシード順位

(8)近野司樹(茨城/龍ケ崎市立馴柴小学校)7-5,6-2 (3)遠藤栞吾(神奈川/藤沢市立鵠沼小学校)
(5)川村准椰(東京/八王子市立長池小学校)6-0,6-4 (6)大垣心太郎(京都/城陽市立古川小学校)

【男子シングルス決勝】

(5)川村准椰 6-0,6-2 (8)近野司樹

準優勝の近野司樹

ベスト4の遠藤栞吾

ベスト4の大垣心太郎

男子集合写真