ATP500で初ベスト4の西岡良仁
画像提供:Getty

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は5日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク96位の西岡良仁が第16シードのD・エヴァンス(イギリス)を7-6(7-5), 4-6, 7-5で破り、2年半ぶりのツアー4強入りを決めた。試合後、西岡は自身のSNSを更新し「マジできつかった」と心境をつづった。

>>西岡vsルブレフ 準決勝1ポイント速報<<

>>西岡ら出場 シティOP組合せ・結果<<

西岡とエヴァンスは5度目の顔合わせで、これまで西岡の4戦全勝。直近では今年3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)2回戦で対戦しており、3-6, 6-4, 6-3の逆転勝ちをおさめている。

西岡は今大会、1回戦で前週のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)で準優勝をおさめた世界ランク37位のJ・ブルックスビー(アメリカ)を破ると、2回戦では同大会で優勝を飾った第11シードのA・デ ミノー(オーストラリア)を3-6, 7-6 (8-6), 6-2の逆転で破り、3回戦に進出。

3回戦では第7シードのK・ハチャノフを7-6 (7-2), 7-6 (7-1)のストレートで下して準々決勝へ勝ち上がった。

西岡は第1セット、序盤で3ゲーム連取を許すも第5ゲームでブレークバックに成功する。その後、互いにサービスキープを続けてエヴァンスのゲームカウント6-5時点で、雨により一時試合は中断する。

約3時間の中断を経て再開すると、西岡は3ポイント連取を許して0-40とエヴァンスにトリプルセットポイントを握られるもこれを凌いでタイブレークに持ち込み、これをものにする。

第2セットを落とした西岡はファイナルセット、一進一退の展開が続くなか第12ゲームでこのセット3度目のブレークに成功し、3時間35分に及んだ熱戦を制した。

西岡のツアー大会4強入りは2020年2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)以来、2年半ぶり4度目。また、これまでの4強入りはいずれもATP250のため、ATP500では自身初となった。

試合後、西岡は自身のTwitterを更新し、「初500のレベルでベスト4に入りました。3時間半の試合は雨中断もありましたがマジできつかったけど、バトルでした…ランキングも60位台まで戻ります。落ちてたランキングをなんとか戻してこれてる」と心境をつづった。

西岡は日本時間7日の午前10時(現地6日21時)より行われる準決勝で、第1シードのA・ルブレフと対戦する。両者は3度目の対戦でこれまで1勝1敗。直近の対戦は2021年2月のATPカップ(オーストラリア/メルボルン、ハード)で、ルブレフに6-1, 6-3で軍配が上がっている。

また同日に行われた準々決勝では、世界ランク63位のN・キリオス(オーストラリア)と同115位のM・イメル(スウェーデン)がそれぞれ勝利し、準決勝で激突する。


>>西岡良仁 公式Twitter<<