決勝進出した西岡
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は6日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク96位の西岡良仁が第1シードのA・ルブレフを6-3,6-4のストレートで破り、2020年2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)以来 約2年半ぶりとなるツアー決勝進出を果たした。試合後のオンコートインタビューでは「ベストを尽くしたい」と観客に語った。

>>西岡良仁vsキリオス 決勝1ポイント速報<<

>>西岡ら出場 シティOP組合せ<<

3回戦で第7シードのK・ハチャノフ、準々決勝で第16シードのD・エヴァンス(イギリス)をフルセットで下していた西岡。準決勝では過去1勝1敗のルブレフとの顔合わせとなった。

この試合、西岡は第4ゲームのリターンゲームでフォアハンドウィナーを決め先行すると、ルブレフのダブルフォルトなどもありブレークポイントを握る。最後はドロップショットが決まり初のブレークに成功した。第5ゲームでは2ポイントを連取した西岡に対し、ルブレフは自身のプレーに納得がいかずラケットを叩きつけ苛立ちを露わにした。その後もサービスゲームのキープを続けた西岡が最後はサービスエースで締め、第1セットを先取する。

第2セット、第2ゲームではルブレフに強烈なフォアハンドなどを決められこの試合初のブレークを許すも、直後の第3ゲームですかさずブレークバックに成功。流れを引き戻し中盤へ。第7ゲームのリターンゲームでは、ラリー戦を制した西岡が0−40とチャンスを掴むとそのままラブゲームでブレークに成功しリードする。第8ゲームでは2度のダブルフォルトを犯すなどでブレークバックされるも、直後の第9ゲームでとどめとなるブレークを奪い勝利を手にした。

決勝では世界ランク63位のN・キリオス(オーストラリア)と対戦する。キリオスは準決勝で同115位のM・イメル(スウェーデン)をストレートで下しての勝ち上がり。両者はツアー4度目の顔合わせでキリオスの3連勝中。最後の対戦は2019年のシティ・オープンで、そのときはキリオスが勝利。キリオスはその後同大会を制している。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには試合後のオンコートインタビューが掲載されており「ここでプレーするのは大好きだし、何度も来ている。みんなもニック(キリオス)を愛しているだろう。でも、明日も願わくば、また観客が僕に声援を送ってくれることを祈りつつ、とにかく明日を楽しみたい」と語った。

「今日は、試合が始まる前から疲れを感じていて、エヴァンスやハチャノフ戦と同じようにはできないと思っていた。アンドレイ(ルブレフ)が攻撃的なプレーをしてくるとわかっていたから、こっちも少しアグレッシブになるように心がけた」

26歳の西岡は2018年9月の深セン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)でツアー初優勝。2020年2月にデルレイビーチ・オープンで準優勝を果たしており、それ以来となるツアー決勝の舞台に駒を進めることとなった。また、「ATP500」カテゴリーでは自身初の決勝となる。

「500大会の決勝は初めてだから、ベストを尽くしたいと思っている。何度も対戦しているけど、16歳のときからずっと彼(キリオス)にやられているんだ。彼と対戦するのは本当に大変。ペースがなく、毎回強いボールを打ってくるしサーブもどんどん打ってくるから、彼のサービスゲームを崩すのはとても難しい。最も重要なことは、僕が自分のサービスゲームに集中すること」

西岡は現時点で8日付の世界ランキングで54位にまで上昇することが確定。決勝でキリオスを下せば自己最高の42位に浮上する。