シティOPの西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

8日に開幕する男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は7日、シングルスの組合せを発表。世界ランク96位の西岡良仁は1回戦で予選通過者で同112位のB・ペール(フランス)と対戦することが決定した。

>>大坂らナショナル・バンクOP 組合せ<<

>>西岡、メドベージェフらナショナル・バンクOP 組合せ<<

西岡は今季、2月のアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)で8強入り。しかし、その後は良い成績を残せず、4月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)、5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)とツアー本戦で3大会連続の初戦敗退を喫していた。

それでも、7日に幕を閉じたシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)では準優勝。決勝でN・キリオス(オーストラリア)に敗れたものの、A・デ ミノー(オーストラリア)やK・ハチャノフ、A・ルブレフらを破る快進撃を見せた。

西岡はナショナル・バンク・オープンに2年連続3度目の出場。これまでの2大会ではいずれも初戦敗退となっており、昨年大会ではF・ティアフォー(アメリカ)に4-6, 3-6のストレートで敗れている。

ナショナル・バンク・オープン本戦の第1シードはD・メドベージェフ、第2シードはC・アルカラス(スペイン)、第3シードはS・チチパス(ギリシャ)、第4シードはC・ルード(ノルウェー)、第5シードはA・ルブレフ、第6シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第7シードはJ・シナー(イタリア)、第8シードはH・フルカチュ(ポーランド)。