シティOPでのダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

8日に開幕する男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は7日、シングルスの予選決勝が行われ、第14シードのダニエル太郎は第6シードのA・リンデルクネシュ(フランス)に4-6, 4-6のストレートで敗れ、本戦出場とはならなかった。

>>キリオスが優勝、西岡は準優勝 シティOP組合せ・結果<<

2試合に勝利すると本戦入りとなるこの予選。この試合の第1セット、第1ゲームでブレークを許したダニエルだったが、第4ゲームでブレークバックに成功。その後は互いにサービスキープが続くも第9ゲームで2度目のブレークを奪われ、先行される。

続く第2セットでもダニエルは第1ゲームでブレークを許す。第6ゲームでブレークバックに成功したものの、第9ゲームで再びブレークを奪われ、2時間で力尽きた。

ナショナル・バンク・オープン本戦の第1シードはD・メドベージェフ、第2シードはC・アルカラス(スペイン)、第3シードはS・チチパス(ギリシャ)、第4シードはC・ルード(ノルウェー)、第5シードはA・ルブレフ、第6シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第7シードはJ・シナー(イタリア)、第8シードはH・フルカチュ(ポーランド)。

また、本戦にはシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)で準優勝を果たした世界ランク96位の西岡良仁が出場。1回戦では予選通過者で同112位のB・ペール(フランス)と顔を合わせる。