準優勝の西岡良仁、優勝のニック・キリオス
画像提供:Getty

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は7日、シングルス決勝が行われ、世界ランク63位のN・キリオス(オーストラリア)が世界ランク96位の西岡良仁を6-4,6-3のストレートで破り、今季初優勝と共に2019年のシティ・オープン以来 約3年ぶりとなるツアー優勝。キャリア7勝目を飾った。試合後の会見でキリオスは「ただただ感慨深い」と語った。

>>大坂らナショナル・バンクOP 組合せ<<

>>西岡、メドベージェフらナショナル・バンクOP 組合せ<<

準優勝を飾ったウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来となるシングルスの試合出場となったキリオスは、1回戦で世界ランク53位のM・ギロン(アメリカ)、2回戦で第14シードのT・ポール(アメリカ)、3回戦で第4シードのR・オペルカ(アメリカ)、準々決勝で第10シードのF・ティアフォー(アメリカ)、準決勝で世界ランク115位のM・イメル(スウェーデン)を下して決勝に進出した。

この試合、キリオスは12本のサービスエースを決め、ファーストサービスが入ったときに88パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度のブレークポイントを凌ぐとリターンゲームでは3度のブレークに成功し、1時間21分で勝利した。

試合後の会見でキリオスは「昨年までの自分からすると信じられないような変化だ。今日はエネルギーがみなぎっていたし、経験を生かすことができたと思う。ここのコートは大好きだし、ここで何度もいい試合をしてきたから、本当に満足しているよ」と語った。

「僕は本当に暗い場所にいたんだ。でも、それを覆すことができたのは多くの人が助けてくれたおかげ。自分自身はただ継続し、忍耐強く、そのような時期を乗り越え、今ではこのような大会でプレーし、勝つことができる強さを示すことができている」

一方、敗れた西岡は2018年9月の深セン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)以来 約4年ぶりとなるツアー優勝とはならず。日本人男子として「ATP500」では2018年10月のエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)での錦織圭以来 約3年10カ月ぶりのツアー準優勝となった。

また、キリオスはJ・ソック(アメリカ)とペアを組み出場しているダブルスでも決勝に進出。このシングルス決勝の後に第4シードのI・ドディグ(クロアチア)/ A・クライチェック(アメリカ)組とタイトルをかけて対戦する。