(左から)西岡とペール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は9日、世界ランク54位の西岡良仁と同104位のB・ペール(フランス)のシングルス1回戦が5番コートの第4試合に組まれ、現在行われている。

>>西岡良仁vsペール 1ポイント速報<<

>>西岡らナショナル・バンクOPの組合せ<<

両者は2度目の顔合わせでペールの1勝。唯一の顔合わせは2018年2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)1回戦で、そのときはペールが逆転勝ちをおさめた。

西岡は前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)でJ・ブルックスビー(アメリカ)やA・デ ミノー(オーストラリア)、K・ハチャノフ、D・エヴァンス(イギリス)、A・ルブレフらを破り決勝に進出。最後はN・キリオス(オーストラリア)に屈したものの、2年半ぶりのツアー準優勝を果たした。

この試合の勝者は2回戦で第6シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。今大会は上位8シードが1回戦免除のためオジェ アリアシムはこの試合が初戦となる。

ナショナル・バンク・オープンの第1シードはD・メドベージェフ、第2シードはC・アルカラス(スペイン)、第3シードはS・チチパス(ギリシャ)、第4シードはC・ルード(ノルウェー)、第5シードはルブレフ、第7シードはJ・シナー(イタリア)、第8シードはH・フルカチュ(ポーランド)。