涙を拭いながらファンにラケットを贈る大坂
画像提供:Getty

女子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)は9日、世界ランク39位の大坂なおみと同31位のK・カネピ(エストニア)のシングルス1回戦が行われたが、6-7 (4-7), 0-3の時点で大坂が棄権を表明したため、カネピが初戦突破を決めた。試合後の会見で大坂は背中の負傷について「試合開始直後に痛めた」と明かした。

>>西岡 良仁vsペール 1ポイント速報<<

>>西岡らナショナル・バンクOPの組合せ<<

大坂は前週のムバダラ・シリコンバレー・クラシック(アメリカ/サンノゼ、ハード、WTA500)に全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来 約2カ月ぶりの公式戦出場を果たし、1回戦で世界ランク51位のジャン・チンウェン(中国)を撃破。2回戦に進出したものの、第6シードのC・ガウフ(アメリカ)にストレートで屈し姿を消していた。

この試合、5本のダブルフォルトを犯すなどミスが目立った大坂。第1セットでは先にブレークを許す厳しい展開の中、第7ゲーム終了時には終了時には腰の痛みを訴え、メディカルタイムアウトをとる。その後は2度のブレークバックに成功しタイブレークにもつれ込むも、2度のミニブレークを許し先行される。

続く第2セット、序盤で3ゲームを連取された大坂は棄権を表明。コートを後にした大坂は涙を拭いながらも、ファンにラケットを贈っていた。

女子テニス協会のWTAは大坂のコメントを掲載し「試合開始直後から背中を痛めてしまい、それを克服しようと頑張ったけど今日はうまくいかなかった。彼女(カネピ)の素晴らしいプレーを称えたいと思うし、彼女の残りの大会での活躍を祈りたいわ」と語った。

カネピは2回戦で第8シードのG・ムグルサ(スペイン)と対戦する。今大会は上位8シードが1回戦免除のため、ムグルサは2回戦からの登場となる。

同日には第10シードのガウフ、世界ランク22位のA・アニシモワ(アメリカ)、同29位のC・ジョルジ(イタリア)らが2回戦に駒を進めている。