2020年 フェド杯スペイン戦の日本代表
画像提供:Getty

日本テニス協会は10日、11月11日・12日に行われる女子テニスの国別対抗戦であるビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ(旧フェドカップ)のプレーオフ「日本vs.ウクライナ」戦が、有明コロシアム(東京/ハード)で開催されることを発表した。

>>西岡 良仁vsオジェ アリアシム 1ポイント速報<<

>>西岡らナショナル・バンクOP 組合せ・結果<<

日本は昨年行われたプレーオフでもウクライナと対戦し、0勝3敗で敗退。今年は中国、韓国、インド、インドネシア、ニュージーランドと計6カ国で、4月にアジア/オセアニア地区グループ1部で戦い、全勝の日本と4勝1敗の中国がプレーオフに勝ち上がった。

【地区全勝の日本代表メンバー】
本玉真唯
内島萌夏
内藤祐希
青山修子
柴原瑛菜

11月に行われるプレーオフは16カ国が出場。シングルス4試合とダブルス1試合で競われ、先に3勝したチームが勝利となる。各対戦に勝利した8カ国が翌年のファイナル予選ラウンドの出場権を獲得し、敗れた8カ国は各地域のグループIに回ることとなる。

プレーオフの組み合わせは以下の通り。

・日本vs.ウクライナ
・オランダvs.フランス
・クロアチアvs.ドイツ
・ルーマニアvs.ハンガリー
・オーストリアvs.ラトビア
・アルゼンチンvs.ブラジル
・スロベニアvs.中国
・メキシコvs.セルビア