ニック・キリオス
画像提供:Getty

男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は10日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク37位のN・キリオス(オーストラリア)が第1シードのD・メドベージェフを6-7 (2-7), 6-4, 6-2の逆転で破り、2017年以来5年ぶり3度目のベスト16進出を果たした。

>>西岡 良仁vsオジェ アリアシム 1ポイント速報<<

>>西岡らナショナル・バンクOPの組合せ<<

前週行われたシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)では、決勝で西岡良仁を下して自身3年ぶり、キャリア通算7度目のツアー優勝を飾ったキリオス。今大会は1回戦で世界ランク32位のS・バエス(アルゼンチン)を6-4, 6-4のストレートで下して勝ち上がった。

この試合の第1セット、序盤から互いにサービスキープが続くと第10ゲームで2度のセットポイントとなるブレークポイントを握ったキリオス。しかし、活かすことができずタイブレークにもつれ込むと3度のミニブレークを許し先行される。

それでも、続く第2セットでは第1ゲームでいきなりブレークに成功。自身のサービスゲームでは1度もブレークチャンスを与えず、セットカウント1−1に追いつく。

迎えたファイナルセット、第2ゲームで2度のブレークポイントを凌いだキリオス。第5ゲームでブレークに成功すると5ゲームを連取し、1時間59分で勝利した。

勝利したキリオスは3回戦で第15シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と世界ランク21位のA・デ ミノー(オーストラリア)の勝者と対戦する。

同日には第4シードのC・ルード(ノルウェー)、第7シードのJ・シナー(イタリア)、第14シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)らが16強に駒を進めている。