2回戦終了後のセリーナ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)は10日、シングルス2回戦が行われ、元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)は第第12シードのB・ベンチッチ(スイス)に2-6,4-6のストレートで敗れ、ベスト16進出とはならなかった。試合後には敗戦選手では異例のオンコートインタビューを行い、自身の引退について語った。

>>キリオスらナショナル・バンクOPの組合せ<<

>>セリーナのエッセイ 内容詳細はこちら<<

40歳のセリーナは今大会1回戦で世界ランク57位のN・パリサス ディアス(スペイン)をストレートで撃破。その後公開された「VOGUE」誌のエッセイで引退について記し「想像を絶するほど辛いこと。終わりたくないけど、同時に次の準備もできている」としていた。

10日、2回戦に臨んだセリーナに対し、入場の段階から観客が声援を送り後押し。しかし試合は3度のブレークを許したセリーナがストレートで敗れた。

試合後、通常なら敗れた選手は荷物をまとめコートを後にし、勝利者インタビューが行われるが、この日はセリーナのインタビューを敢行。エッセイの内容について語るとともに、トロントでの同大会に別れを告げた。

「多くの感情が入り混じった試合だった。私はここでプレーすることが大好き。もっといいプレーができたらよかったんだけど、今日はベリンダ(ベンチッチ)がとてもいいプレーをしてくれた。面白い24時間だった。記事(エッセイ)にも書いたけど、私はさよならが苦手なの。でも、さよならトロント」

勝利したベンチッチは3回戦で第8シードのG・ムグルサ(スペイン)と対戦する。ムグルサは2回戦で世界ランク31位のK・カネピ(エストニア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)、第6シードのA・サバレンカ、第7シードのJ・ペグラ(アメリカ)、第15シードのS・ハレプ(ルーマニア)らが16強入りを決めた一方、第2シードのA・コンタベイト(エストニア)、第4シードのP・バドサ(スペイン)、第5シードのO・ジャバー(チュニジア)らが姿を消している。