ベンチで治療を受けるモンフィス
画像提供:Getty

男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、第17シードのG・モンフィス(フランス)は世界ランク82位のJ・ドレイパー(イギリス)と対戦したが、2-6,2-0で迎えた第2セット第3ゲームで右足首の負傷により棄権となった。モンフィスは試合後に自身のSNSを更新し、「モントリオールでタフな一日だった」とつづった。

>>キリオス、オジェアリアシムらナショナル・バンクOPの組合せ<<

右足の踵骨棘により今年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)以降ツアーを離脱していたモンフィス。今大会は約3カ月ぶりの復帰戦で、1回戦で世界ランク53位のP・マルティネス(スペイン)、2回戦で同31位のM・クレッシー(アメリカ)を下し16強へ駒を進めていた。

3回戦では2回戦で第3シードのS・チチパス(ギリシャ)を破ったドレイパーと激突。第1セットを落としたモンフィスだったが、第2セットでは先にブレークを奪い、積極的なプレーを披露していた矢先に悲劇は起きた。

モンフィスがフォアハンドを放ち、右足をコートに着いたとき苦悶の表情を浮かべ、数歩歩いた時点でコートにうずくまった。その後は自力でベンチに戻りメディカルと言葉を交わし、一度はプレー再開のためポジションに着いたが、コーチと相談しサービスを打つことなく棄権を申請した。

ツイッターでモンフィスは「皆さんこんにちは。今夜はモントリオールでタフな一日だった。1回目の検査結果はあまり良くなかった。医師と相談するために、ヨーロッパに戻ることにした。できるだけ早く、皆さんに報告する。応援メッセージありがとう」とつづった。

勝利したドレイパーは「ATPマスターズ1000」の舞台で初の8強入り。準々決勝では世界ランク23位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)対戦する。カレノ=ブスタは3回戦で第7シードのJ・シナー(イタリア)を6-2, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、同日には第4シードのC・ルード(ノルウェー)や第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)、世界ランク34位のT・ポール(アメリカ)、同37位のN・キリオス(オーストラリア)、同39位のD・エヴァンス(イギリス)らが8強へ駒を進めている。


>>モンフィスの公式ツイッター<<