大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)は12日、シングルスの組合せを発表。世界ランク39位の大坂なおみは同45位のザン・シュアイ(中国)と対戦することが決定した。

>>大坂らW&Sオープンの組合せ<<

両者は6度目の対戦で大坂の3勝2敗。直近では2018年のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP1000)で対戦しており、大坂が3-6, 6-4, 7-5の逆転勝ちをおさめている。

この試合の勝者は第13シードのL・フェルナンデス(カナダ)と世界ランク28位のE・アレクサンドロワのどちらかと対戦する。

大坂は現在行われているナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)に出場。1回戦で世界ランク31位のK・カネピ(エストニア)と対戦したものの、6-7 (4-7), 0-3の時点で背中の負傷により棄権していた。

W&Sオープンの第1シードはI・シフィオンテク(ポーランド)、第2シードはA・コンタベイト(エストニア)、第3シードはP・バドサ(スペイン)、第4シードはM・サッカリ(ギリシャ)、第5シードはO・ジャバー(チュニジア)、第6シードはA・サバレンカ、第7シードはJ・ペグラ(アメリカ)、第8シードはG・ムグルサ(スペイン)。上位8シードは1回戦免除のため2回戦からの登場となる。