アトランタOPでのダニエル太郎
画像提供:Getty

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は13日、シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク95位のダニエル太郎は同102位のH ・ラクソネン(スイス)に4-6, 5-7のストレートで敗れ、予選決勝進出を逃した。

>>ナダル、メドベージェフらW&Sオープンの組合せ<<

>>大坂、シフィオンテクらW&Sオープンの組合せ<<

ダニエルは元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)と対戦する予定だったが、マレーが本戦にストレートインすることとなったのでラクソネンとの対戦に変更となった。

2試合に勝利すると本戦入りとなるこの予選。この試合の第1セット、第1ゲームでブレークを許したダニエル。第4ゲームでブレークバックに成功したものの直後の第5ゲームで再びブレークを奪われ先行される。

続く第2セットでは第6ゲームでブレークに成功しゲームカウント5-3とリードする。しかし、サービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでブレークを許すと4ゲームを連取されて1時間45分で力尽きた。

勝利したラクソネンは予選決勝で第11シードのT・モンテイロ(ブラジル)と対戦する。モンテイロは予選1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場する世界ランク200位のE・ナヴァ(アメリカ)を6-3, 6-0で下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのL・ソネゴ(イタリア)、第6シードのJ・ムナル(スペイン)、第7シードのM・ギロン(アメリカ)らが予選決勝に駒を進めている。