フベルト・フルカチュ
画像提供:Getty

男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は13日、シングルス準決勝が行われ、第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)が第4シードのC・ルード(ノルウェー)を5-7, 6-3, 6-2の逆転で破り、「ATPマスターズ1000」で自身2度目のタイトル獲得に王手をかけた。

>>フルカチュ決勝へ、ナショナル・バンクOP 男子の組合せ・結果<<

>>ナダル、メドベージェフらW&Sオープンの組合せ<<

世界ランク10位のフルカチュは今大会、上位8シードが1回戦免除のため初戦となった2回戦で世界ランク44位のE・ルースブオリ(フィンランド)、3回戦で同43位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、準々決勝で世界ランク37位のN・キリオス(オーストラリア)を下して勝ち上がった。

この試合の第1セット、第1ゲームから3ゲームを連取したフルカチュ。しかし、第5ゲームでブレークバックを許すと第11ゲームで再びブレークを奪われ先行される。

それでも続く第2セットではファーストサービスが入ったときに86パーセントの高い確率でポイントを獲得。第1ゲームでいきなりブレークを許すも、リターンゲームでは第2・第6ゲームでブレークに成功し、セットカウント1−1に追いつく。

迎えたファイナルセット、序盤で4ゲームを連取したフルカチュが2時間2分で勝利。昨年のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)に続く「ATPマスターズ1000」2勝目にあと1歩と迫った。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでフルカチュのコメントを掲載し「試合に集中していた。彼(ルード)は本当にすごいテニスをしていて、特に第1セットは彼の方が上だった。僕はできるだけ良い状態で試合に臨むために、踏ん張ろうと思っていた」と語った。

「決勝戦はいつも厄介なもの。ベストプレーヤーが対戦するから、僕が対戦する相手は明らかに勢いがあり、自信に満ちているだろうね。超タフな戦いになるはずだ」

勝利したフルカチュは決勝で世界ランク23位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)と同39位のD・エヴァンス(イギリス)の勝者と対戦する。