錦織圭(画像は2021年)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの8月15日付ATP世界ランキングが更新され、錦織圭は前回から69下げ366位となった。

>>大坂、シフィオンテクらW&Sオープンの組合せ<<

>>ナダル、メドベージェフらW&Sオープンの組合せ<<

錦織は今年1月に股関節の手術を行いツアーを離脱。現在は復帰に向けたリハビリと練習を行っている。来月19日開幕のサンディエゴ・オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、ATP250)にワイルドカード(主催者推薦)で出場する予定が組まれている。

錦織が世界ランク300位台になるのは2010年5月10日付以来 約12年3カ月ぶり。

上位勢では前週のナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)で「ATPマスターズ1000」初優勝を達成したP・カレノ=ブスタ(スペイン)が9上がり14位に浮上。その他では同大会でベスト4に入ったD・エヴァンス(イギリス)が16上げ23位となった。

8月15日付の男子ATP世界ランキングトップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…D・メドベージェフ
6,885ポイント(7,875ポイント)

■2位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
6,760ポイント(6,760ポイント)

■3位[ ‐ ]…R・ナダル(スペイン)
5,620ポイント(5,620ポイント)

■4位[ - ]…C・アルカラス(スペイン)
5,045ポイント(5,035ポイント)

■5位[ ↑2 ]…C・ルード(ノルウェー)
4,865ポイント(4,685ポイント)

■6位[ - ]…ジョコビッチ
4,770ポイント(4,770ポイント)

■7位[ ↓2 ]… S・チチパス(ギリシャ)
4,650ポイント(5,000ポイント)

■8位[ - ]…A・ルブレフ
3,630ポイント(3,710ポイント)

■9位[ - ]…F・オジェ アリアシム(カナダ)
3,625ポイント(3,490ポイント)

■10位[ ‐ ]…H・フルカチュ(ポーランド)
3,435ポイント(3,015ポイント)