初戦敗退となったフェルナンデス
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)は15日、シングルス1回戦が行われ、第13シードのL・フェルナンデス(カナダ)は世界ランク27位のE・アレクサンドロワに4-6,5-7のストレートで敗れ、大会初の初戦突破とはならなかった。

>>大坂、シフィオンテクらW&Sオープンの組合せ<<

>>ナダル、メドベージェフらW&Sオープンの組合せ<<

W&Sオープンには3年連続3度目の出場となった19歳のフェルナンデス。過去2大会は予選から参戦し本戦入りしたものの、いずれも初戦で敗れている。

この試合、フェルナンデスは8本のダブルフォルトを犯すなどファーストサービスが入ったときに66パーセントの確率でしかポイントを獲得できず苦戦し6度のブレークを許した。リターンゲームでは4度のブレークに成功したが、反撃及ばず1時間19分で姿を消した。

昨年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では大坂なおみやA・ケルバー(ドイツ)、E・スイトリナ(ウクライナ)、A・サバレンカらを下す快進撃を見せ決勝に進出。最後はE・ラドゥカヌ(イギリス)に屈したが、四大大会初の準優勝を果たした。その後は今年3月のアビエルト・GNPセグロス(メキシコ/モンテレイ、ハード、WTA250)で優勝。全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でも8強入りするなど、世界ランクトップ20を維持し、現在は同14位を記録している。

勝利したアレクサンドロワは2回戦で世界ランク39位の大坂と同44位のザン・シュアイ(中国)のどちらかと対戦する。

同日には世界ランク23位のA・アニシモワ(アメリカ)や同28位のP・クヴィトバ(チェコ)、同25位のE・リバキナ(カザフスタン)らが2回戦へ駒を進めている。