初戦突破を果たしたティアフォー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は15日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク25位のF・ティアフォー(アメリカ)が第12シードのM・ベレッティーニ(イタリア)を7-6 (7-3),4-6,7-6 (7-5)のフルセットで破り、2年連続4度目の初戦突破を果たした。

>>ナダル、メドベージェフらW&Sオープンの組合せ<<

>>大坂、シフィオンテクらW&Sオープンの組合せ<<

この試合の第1セット、ティアフォーはファーストサービスが入ったときに71パーセントの確率でポイントを獲得しベレッティーニに対しブレークを許すことなく終盤へ。タイブレークでは地元の声援を背に受け躍動し先行した。

第2セットでも互いにブレークを与えないプレーを披露していたものの、第5ゲームで両者を通じ初のブレークを許しセットカウント1−1に追いつかれる。迎えたファイナルセット、ともにサービスゲームのキープが続き再びタイブレークへ。ティアフォーはドロップショットなどを駆使しベレッティーニを揺さぶると、最後はストローク戦で押し切り2時間51分の激闘を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはティアフォーのコメントが掲載された。

「正直、素晴らしいテニスができていた。スコアは僕のプレーの良さを表していないかもね。本当に、こういう結果が必要だった。とても大きい。ここ最近はビッグな選手に勝てていなかった。だからこの壁を乗り越えなければいけないと思っていた。また、ここでプレーする機会ができてうれしいよ」

勝利したティアフォーは現在好調を維持しており、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト16、アトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)で4強、シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)で8強に進出。今月には自己最高の世界ランク24位を記録した。

2回戦ではワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク52位のS・コルダ(アメリカ)と対戦する。コルダは1回戦で同30位のK・ハチャノフをストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第9シードのC・ノリー(イギリス)、第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第14シードのM・チリッチ(クロアチア)、第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)らが初戦を突破。第1シードのD・メドベージェフや第2シードのR・ナダル(スペイン)ら上位8シードは1回戦免除のため2回戦からの登場となる。