(左から)キーズ、ペグラ、クヴィトバ、サバレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)は18日にシングルス3回戦が行われ、第6シードのA・サバレンカや第7シードのJ・ペグラ(アメリカ)らベスト8が出揃った。

>>W&Sオープン 女子組合せ<<

>>W&Sオープン 男子組合せ<<

今大会は64ドローで上位8シードが1回戦免除、56選手が出場した。ベスト16には第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)や第2シードのA・コンタベイト(エストニア)、第5シードのO・ジャバー(チュニジア)らも進出したものの、3回戦で軒並み敗退。8強にはサバレンカとペグラの2選手しかシード勢は勝ち残っていない。

また、現時点で勝ち残っている選手のうち過去同大会で優勝経験があるのは世界ランク24位のM・キーズ(アメリカ)のみとなっている。

【W&Sオープンの3回戦結果】
※()内はシード順位

M・キーズ 6-3,6-4 I・シフィオンテク(1)
E・リバキナ(カザフスタン) 6-2,6-4 A・リスケ(アメリカ)
A・トムヤノヴィッツ(オーストラリア) 3-6,7-6 (7-4),6-3 V・クデルメトバ
P・クヴィトバ(チェコ) 6-1,4-6,6-0 O・ジャバー(5)
(7)J・ペグラ 7-5,6-4 E・ラドゥカヌ(イギリス)(10)
C・ガルシア(フランス) 6-4,7-5 E・メルテンス(ベルギー)
(6)A・サバレンカ 6-4,6-7 (2-7),6-4 S・ロジャース(アメリカ)
ザン・シュアイ(中国) 2-6,6-4,6-4 A・コンタベイト(2)

【準々決勝組み合わせ】

M・キーズ vs E・リバキナ
A・トムヤノヴィッツ vs P・クヴィトバ
(7)J・ペグラ vs C・ガルシア
(6)A・サバレンカ vs ザン・シュアイ

(左から)リバキナ、ガルシア、トムヤノヴィッツ、シュアイ