全仏OPでのドミニク・ティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)は23日、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク231位のD・ティーム(オーストリア)と第1シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)のシングルス2回戦が行われたが、0-6, 4-2の時点でディミトロフが棄権を表明したため、ティームがベスト16進出を果たした。

元世界ランク3位のティームは先月のノルデア・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)、EFG スイス・ オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)、ジェネラリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)と3大会連続で8強入りを決めている。

この試合の第1セット、第1ゲームで3度のブレークチャンスを掴むも活かせなかったティーム。1ゲームも取ることができず、24分で先行を許す。

それでも続く第2セットでは第5ゲームで先にブレークに成功。ゲームカウント4-2とリードを掴むとこの時点でディミトロフが棄権を表明。58分で試合は終了している。

ティームは3回戦で第13シードのJ・ドレイパー(イギリス)と世界ランク61位のF・フォニーニ(イタリア)の勝者と対戦する。

同日には第4シードのM・クレッシー(アメリカ)、第8シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、第11シードのI・イヴァシカらが16強に駒を進めている。