ジル・シモン(セルビアオープン)
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は24日、男子シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク177位のG・シモン(フランス)が同156位のM・モウ(アメリカ)を2-6, 7-5, 6-1の逆転で破り、2回戦進出を果たした。

元世界6位のシモンは今年5月に今季限りでの引退を表明。グランドスラム最後の大会となる全米オープンで本戦出場を決めれば2020年以来2年ぶりとなる。

この試合の第1セット、第3ゲームでブレークを許したシモン。リターンゲームでは1度もブレークチャンスを掴めず、第7ゲームで再びブレークを奪われ、先行される。

続く第2セットでは序盤でブレークを許しゲームカウント2-5と崖っぷちに立たされる。それでもモウのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲームから5ゲーム連取に成功し、セットカウント1−1に追いつく。

迎えたファイナルセット、2度のブレークポイントを凌いだシモン。リターンゲームでは第4・第6ゲームでブレークに成功し、2時間31分の激闘を制した。

勝利したシモンは2回戦で世界ランク188位のM・アルナルディ(イタリア)と対戦する。アルナルディは1回戦で第24シードのR・ペニストン(イギリス)を6-2, 2-6, 6-2のフルセットで下しての勝ち上がり。

なお、同日には世界ランク169位の内田海智が元29位のD・セラ(イスラエル)を6-3, 6-3のストレートで破り、2回戦に駒を進めている。