シンシナティでの大坂なおみ
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は25日、女子シングルスの本戦ドローを発表。世界ランク44位の大坂なおみは1回戦で第19シードで同19位のD・コリンズ(アメリカ)と対戦することが決定した。

>>メドベージェフ、ナダルら全米OP 男子の組合せ<<

>>大坂、シフィオンテクら全米OP 女子の組合せ<<

両者は4度目の対戦で大坂の3戦全勝。直近では今年3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)準々決勝で対戦しており、大坂が6-2, 6-1のストレート勝ちをおさめている。

2018年・2020年に優勝を飾っている大坂は今大会が7年連続の出場。昨年大会では準優勝を飾ったL・フェルナンデス(カナダ)に3回戦で敗れ、ベスト16進出を逃している。今大会では2年ぶり3度目の優勝、四大大会5度目のタイトル獲得を目指す。

また、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)は初戦で世界ランク57位のJ・パオリーニ(イタリア)と顔を合わせる。

女子シングルス上位8シードの1回戦の組み合わせは以下の通り。

(1)シフィオンテク vs. パオリーニ
(2)A・コンタベイト(エストニア) vs. J・クリスティアン(ルーマニア)
(3)M・サッカリ(ギリシャ) vs. T・マリア(ドイツ)
(4)P・バドサ(スペイン) vs. L・ツレンコ(ウクライナ)
(5)O・ジャバー(チュニジア) vs. M・ブレングル(アメリカ)
(6)A・サバレンカ vs. 予選通過者
(7)S・ハレプ(ルーマニア) vs. 予選通過者
(8)J・ペグラ(アメリカ) vs. 予選通過者

全米オープンは29日に開幕を迎える。