勝利を喜ぶキリオスとコキナキス(全豪OP)
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は25日、男子シングルスの本戦ドローを発表。ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で準優勝を飾った世界ランク26位のN・キリオス(オーストラリア)は第23シードとして出場し、1回戦で今季ダブルスで全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)をともに制覇した世界ランク70位のT・コキナキス(オーストラリア)と対戦する。

>>メドベージェフ、ナダルら全米OP男子 組合せ<<

>>大坂、シフィオンテクら全米OP女子 組合せ<<

キリオスとコキナキスのペアは、全豪オープンで1997年のM・ウッドフォード(オーストラリア)/ T・ウッドブリッジ(オーストラリア)組以来25年ぶりとなる、オーストラリア人同士のペアによる優勝を達成。7月のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)も制覇し、今季ダブルスで2勝をあげている。

お互いのことを「ブラザー」と呼び合うキリオスとコキナキスは、8歳〜9歳の頃から旧知の仲でオーストラリアのトップジュニアとして切磋琢磨してきた。しかし、両者がツアーレベルで対戦するのは今回が初めて。2013年と2014年にツアー下部大会で2度対戦した際はいずれもキリオスが勝利しており、公式戦での対戦は実に8年ぶりとなる。

この試合の勝者は、シード勢が順当に勝ち上がると、3回戦で第16シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、4回戦で第1シードのD・メドベージェフと対戦する。

男子シングルス上位8シードの1回戦の組み合わせは以下の通り。

(1)メドベージェフ vs. S・コズロフ(アメリカ)
(2)R・ナダル(スペイン) vs. R・ヒジカタ(オーストラリア)
(3)C・アルカラス(スペイン) vs. S・バエス(アルゼンチン)
(4)S・チチパス(ギリシャ) vs. 予選通過者
(5)C・ルード(ノルウェー) vs. K・エドモンド(イギリス)
(6)F・オジェ アリアシム(カナダ) vs. 予選通過者
(7)C・ノリー(イギリス) vs. B・ペール(フランス)
(8)H・フルカチュ(ポーランド) vs. O・オッテ(ドイツ)

また日本勢では世界ランク56位の西岡良仁が同39位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と、同95位のダニエル太郎は同91位のR・ガスケ(フランス)と初戦で顔を合わせる。

全米オープン本戦は29日に開幕を迎える。