ナダルとペアを組んだシフィオンテク
画像提供:Getty

29日に開幕するテニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は26日、本戦出場選手による大会前の記者会見が行われ、女子シングルスで世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)が登場。大会への意気込み、チャリティーマッチで男子シングルスで同3位のR・ナダル(スペイン)とペアを組んだことについて語った。

>>メドベージェフ、ナダルら全米OP 男子の組合せ<<

>>大坂、シフィオンテクら全米OP 女子の組合せ<<

今季、2月のカタール・トータルエナジーズ・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、WTA1000)、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)とマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)、4月のポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTA500)、5月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTA1000)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と6大会連続で優勝を飾っている21歳のシフィオンテク。

4年連続の出場となる今大会に向けては「確かにかなり興奮しているわ。少し練習する時間があってよかったけど、準備はできていると思う。(ここに)毎年戻ってきて、より多くのことを学べるのは素晴らしいことね。進歩が感じられるので、それを試合で見せられたらいいなと思う」とコメント。

「この大会は素晴らしいわ。どの大会でもグランドスラムは素晴らしい。他の大会とはまったく違う雰囲気だわ。全仏オープンでは試合で学ぶ時間が長かった。だから全米オープンでももっと経験したいわ」

また、24日に行われた「Tennis Plays for Peace」プログラムの一環である、「The Tennis Plays for Peace Exhibition」に出場したシフィオンテク。ナダルとペアを組んだことについては次のように述べた。

「驚きだったわ。一生に一度の経験。ラファは本当にすごい。彼の隣でプレーするなんて、子どものころには想像もつかなかった」

「イベント全体は本当に素晴らしかった。あんなにたくさんのお金を集めることができて、とてもうれしい。このイベントに関わったすべての人たちが良いお手本になってくれた。アスリートとして、このような影響を与えることができるのは素晴らしいこと。模範となり、人々を魅了し、チャリティーのために寄付をすることもできる。それは素晴らしいことよ」

昨年の全米オープンでは4回戦でB・ベンチッチ(スイス)に敗れてベスト8進出を逃したシフィオンテク。今年は1回戦で世界ランク57位のJ・パオリーニ(イタリア)と顔を合わせる。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>