セリーナ・ウィリアムズ
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は29日、女子シングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位で現605位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が同80位のD・コビニッチ(モンテネグロ)を6-3, 6-3のストレートで下し、2回戦へ進出した。

>>大坂 なおみvsコリンズ 1ポイント速報<<

>>大坂、シフィオンテクら全米OP女子 組合せ<<

グランドスラム通算23勝、史上初の単複ゴールデンスラム達成、全米オープンでは6度の優勝を誇るセリーナは今大会、ツアー長期離脱選手への救済制度(スペシャルランキング=SR)で出場。

セリーナは今月9日に自身のSNSと雑誌のインタビュー記事を通じて今大会限りでの現役引退を示唆しており、一挙手一投足に注目が集まっている。また今大会には姉のV・ウィリアムズ(アメリカ)とダブルスへも出場する。

今大会最初のセンターコート アーサー・アッシュスタジアムのナイトセッションとして行われたコビニッチとの一戦は、満員の観客がセリーナを大声援で後押しする。

第1セット、序盤2ゲームを連取したセリーナは、逆に3ゲームを連取される。コビニッチに流れが傾いたかと思われたが、セリーナがブレークバックをして4ゲーム連取で第1セットを先取する。

第2セット、セリーナが第5ゲームでブレークに成功すると、さらに第9ゲームもブレークしてコビニッチをストレートで退けた。

勝利したセリーナは2回戦で、第2シードで世界ランク2位のA・コンタベイト(エストニア)と対戦する。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第2日は3度目V狙う大坂 なおみ、ダニエル 太郎らが登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>