ボルナ・チョリッチ(W&Sオープン)
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、第25シードのB・チョリッチ(クロアチア)が予選勝者で世界ランク193位のE・クアコー(フランス)を6-2, 7-6(7-5), 3-6, 4-6, 7-5のフルセットで退け、2回戦へ進出した。

>>ナダルvsヒジカタ 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみvsコリンズ 1ポイント速報<<

2018年にキャリアハイの12位を記録したチョリッチは右肩の負傷により昨年5月からツアーを長期離脱し、今年3月に復帰。今月開催されたW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)でATPマスターズ1000初優勝を飾り、完全復活を果たした。

チョリッチは全米オープンに2年ぶり8度目の出場で、最高成績は2020年のベスト8。

一方のクアコーはグランドスラム本戦出場が3回目で、全米オープンは4回目の挑戦で初めて予選を突破した。

チョリッチとクアコーは2013年にツアー下部大会のフューチャーズで1度対戦し、その際はフルセットでチョリッチが逆転勝ちをしていた。

第1セット、チョリッチは2度ブレークを奪って先取すると、タイブレークにもつれた第2セットもものにして、2セットアップとする。

第3セットに入るとクアコーが3ゲームを連取してチョリッチの追撃を許さず1セット取り返すと、続く第4セットもゲームカウント4-4で迎えた第9ゲームをブレークして、2セットオールとする。

迎えたファイナルセット、クアコーが1ブレークアップでゲームカウント5-3と王手をかける。しかし、チョリッチはここから2ゲーム連続ラブゲームで5-5とすると、そのまま4ゲームを連取して4時間5分で逆転勝ちをおさめた。

勝利したチョリッチは2回戦で、世界ランク43位のJ・ブルックスビー(アメリカ)と対戦する。

また同日に行われた男子シングルス1回戦では、第3シードのC・アルカラス(スペイン)、第7シードのC・ノリー(イギリス)、第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第9シードのA・ルブレフ、第11シードのJ・シナー(イタリア)、第15シードのM・チリッチ(クロアチア)、第17シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、第20シードのD・エヴァンス(イギリス)、第28シードのH・ルーネ(デンマーク)らが2回戦に勝ち上がっている。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第2日は3度目V狙う大坂 なおみ、ダニエル 太郎らが登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>