ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク198位のR・ヒジカタ(オーストラリア)を4-6, 6-2, 6-3, 6-3の逆転で破り、16度目の初戦突破を果たした。試合後には「今日はタフな状況から立ち直ることができた」と明かした。

>>メドベージェフ、ナダルら全米OP 男子の組合せ<<

>>セリーナ、シフィオンテクら全米OP 女子の組合せ<<

36歳のナダルは7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では準決勝を前に腹部の負傷で棄権を発表し、約1カ月ほどツアーを離脱。その後、今月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で復帰したものの、B・チョリッチ(クロアチア)に屈し、初戦となる2回戦で姿を消した。

全米オープンでは2010年・2013年・2017年・2019年の計4度優勝を飾っており、今大会が2019年以来3年ぶり16度目の出場となる。最後に出場した2019年は決勝でD・メドベージェフを7-5, 6-3, 5-7, 4-6, 6-4のフルセットで破り、優勝を果たしている。

この試合、ナダルはファーストサービスが入ったときに77パーセントの確率でポイントを獲得。1度のブレークを許し第1セットを先取されるも第2セット以降は5度のブレークに成功し3セットを連取。3時間8分で勝利した。

試合後の会見でナダルは「タフな試合だった。最初の2、3ゲームは悪くなかったと思う。何度かチャンスがあったけど、それをものにすることができなかった。サーブの調子が悪かったのだと思う。その後、彼(ヒジカタ)にブレークされた。それから少しナーバスになった」と語った。

「3年ぶりのニューヨークでの試合。ナイトセッションはいつもエキサイティングだね。厳しい局面があったけど、そのあとはいいプレーができたと思うよ。完璧ではなかったけどね。でも、ハッピーだよ」

「成績の面ではもちろん素晴らしい1年だったけど、同時に足の故障、肋骨の疲労骨折、腹部の裂傷を経験し、タフな1年でもあった。本当に様々なことがあったよ。その厳しい時期から戻って来れた。今日も試合に勝つことができたしね。全米オープンの2回戦に進出できたことは僕にとって重要なこと。今日はタフな状況から立ち直ることができた」

勝利したナダルは2回戦で世界ランク60位のF・フォニーニ(イタリア)と対戦する。フォニーニは1回戦で同38位のA・カラツェフを1-6, 5-7, 6-4, 6-1, 6-4の逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのC・アルカラス(スペイン)、第7シードのC・ノリー(イギリス)、第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第9シードのA・ルブレフらが2回戦に駒を進めている。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第3日はダブルスもスタート!柴原 瑛菜、穂積 絵莉、二宮 真琴らが登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>