ポーラ・バドサ
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、女子シングルス1回戦が行われ、第4シードのP・バドサ(スペイン)が世界ランク87位のL・ツレンコ(ウクライナ)を3-6, 7-6 (7-4), 6-3の逆転で破り、2年連続の初戦突破を決めた。

>>シフィオンテクら全米OP女子 組合せ<<

>>メドベージェフ、ナダルら全米OP男子 組合せ<<

今月のナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、WTA1000)とW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)で2大会連続の初戦敗退となったバドサ。

この日の第1セット、序盤で2ゲーム連取を許したバドサは第5ゲームから2ゲーム連取を奪い、第6ゲーム終了時点で3-3となる。しかし、バドサは第7ゲームから3ゲームを連取され44分で先行される。

続く第2セット、両者は3度ずつのブレークを奪い、タイブレークに突入。バドサは3度のミニブレークに成功し、1時間3分で1セットオールに追いつく。迎えたファイナルセット、ファーストサービスが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得。1度ブレークに成功し2時間29分で勝利した。

試合後の会見でバドサは「勝ててよかった。今日はタフな戦いだった。彼女はかなりいいプレーをしていた。私のプレーは、それなりだったわ。第1セットはあまりよくなかったけど、第2・第3セットはよかった」と語った。

「それでも、コンディションに適応するのに少し時間がかかった。今日はトリッキーな一日だったわ」

勝利したバドサは2回戦で世界ランク54位のP・マルティッチ(クロアチア)と対戦する。マルティッチは1回戦で同72位のV・グラシェバを6-4, 7-6 (7-3)のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)、第6シードのA・サバレンカ、第8シードのJ・ペグラ(アメリカ)、第9シードのG・ムグルサ(スペイン)、第13シードのB・ベンチッチ(スイス)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>