記録を更新したアリス・コルネ
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク40位のA・コルネ(フランス)が第11シードで昨年女王のE・ラドゥカヌ(イギリス)を6-3, 6-3のストレート勝ちで破り2回戦に進出した。また、コルネはこの試合により、グランドスラム女子本戦連続出場記録を63大会に伸ばし、杉山愛の62大会を抜いて歴代最多記録を更新した。

>>メドベージェフ、ナダルら全米OP男子 組合せ・結果<<

>>セリーナ、シフィオンテクら全米OP女子 組合せ・結果<<

杉山は1994年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)から2009年の全米オープンまで、62大会連続で本戦出場を果たした。

32歳のコルネの連続出場は2007年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)から始まり、今年6月のウィンブルドンに出場したことで杉山の記録に並び、今大会で記録を更新した。

コルネは試合後、この記録について「私がどのようなプレーヤーであるか、がよく表れていると思う」と語った。

「この16年間一貫していて、11歳のときから毎日鍛錬を続けている。怪我が少ないのは、体力があることと、ジムでたくさん鍛えているからよ。予防をしたり、自分の体を労わることに時間を費やしているの。今、それが実を結んでいるんだと思うわ。私のキャリアは、ずっとそうよ」

またコルネは今年の全豪オープン4回戦でS・ハレプ(ルーマニア)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)2回戦でJ・オスタペンコ(ラトビア)、ウィンブルドン3回戦でI・シフィオンテク(ポーランド)に勝利しており、今大会でラドゥカヌを破ったことで今季4大会連続でグランドスラムチャンピオンを撃破した。

このことについて、「クレイジーだし、ちょっとクールだと思う」とコメント。

「憧れの選手たち、長い間追いかけてきた選手たち。自分も同じ世界の一員だと分かり、グランドスラムで彼女たちを打ち負かせるなんて。分からないわね、時々まだ子供のような気分になるわ」

勝利したコルネは2回戦で世界ランク83位のK・シニアコバ(チェコ)と対戦する。シニアコバは1回戦で同197位のT・タウンゼント(アメリカ)を6-4, 4-6, 6-2のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのシフィオンテク、第4シードのP・バドサ(スペイン)、第6シードのA・サバレンカ、第8シードのJ・ペグラ(アメリカ)、第9シードのG・ムグルサ(スペイン)らが2回戦に駒を進めている。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第3日はダブルスもスタート!柴原 瑛菜、穂積 絵莉、二宮 真琴らが登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>