3回戦進出を果たしたナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は1日、男子シングルス2回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク60位のF・フォニーニ(イタリア)を2-6,6-4,6-2,6-1の逆転で破り、2019年以来3年ぶり14度目の3回戦進出を果たした。

>>メドベージェフ、ナダルら全米OP男子 組合せ<<

>>セリーナ、シフィオンテクら全米OP女子 組合せ<<

過去2010年・2013年・2017年・2019年の計4度優勝を飾っており、今大会は優勝した2019年以来の参戦となる36歳のナダル。1回戦では世界ランク198位のR・ヒジカタ(オーストラリア)を4-6, 6-2, 6-3, 6-3の逆転で下して初戦突破を決めた。

この試合、ナダルは35歳のフォニーニに対し、ストローク戦でミスを重ね第2ゲームで先にブレークを許す苦しい立ち上がりに。その後もフォニーニに強烈なフォアハンドのダウンザラインを決められるなど挽回できずに中盤へ。第7ゲームでもピンチを招くと、最後はダブルフォルトを犯し2度目のブレークを奪われた。直後の第8ゲームではブレークチャンスを握るがこれを決め切れずにキープされ、第1セットを落とす。

第2セット、主導権を握りたいナダルだが第1ゲームでブレークを許し2セット続けて序盤でリードを許す展開に。第2ゲームでは15−40とブレークポイントを迎えると最後はラリー戦を制しこの日初のブレークに成功。しかし第3ゲームで再びブレークされる苦しいセットとなる。

第4ゲームではスマッシュを決めブレークチャンスを握ると、フォニーニのダブルフォルトにより再びブレークバック。第4ゲームまでは互いにサービスゲームをキープすることができず推移する。

第5ゲームでもナダルはストロークで押し込まれると、このセット3度目のブレークを許しまたもリードされる。その後の第6ゲームではブレークできず、フォニーニが両者を通じてこのセット初のキープをした。試合の主導権がどちらにあるか分からないまま迎えた第8ゲームでナダルがブレークバックに成功すると流れがナダルに傾き始め、第10ゲームでこのセット4度目のブレークを奪い切りセットカウント1−1に追いついた。

第3セットでは3度のブレークに成功したナダルがブレークを1度に抑えセットカウント2−1と逆転。勝利に王手をかけると、第4セット前にフォニーニは足の治療を行った。

第4セット、第2ゲームで先にブレークを奪ったナダル。第4ゲームのファーストポイントでは、ナダルがバックハンドを打った際にバランスを崩し、1度地面に当たり跳ね返ったラケットがナダルの顔面に直撃するアクシデントが発生。鼻の一部分から出血しメディカルタイムアウトを取得する。アクシデントが起きたものの、ナダルは集中力を切らすことなく、フォニーニにブレークバックを許さず勝利。2時間42分で3回戦進出を決めた。

3回戦では世界ランク91位のR・ガスケ(フランス)と対戦する。ガスケは2回戦で第32シードのM・キツマノビッチ(セルビア)を下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのC・アルカラス(スペイン)、第7シードのC・ノリー(イギリス)、第9シードのA・ルブレフ、第11シードのJ・シナー(イタリア)、第14シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第15シードのM・チリッチ(クロアチア)らが3回戦へ駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第5日は引退示唆 S.ウイリアムズが3回戦に登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>