マッテオ・ベレッティーニ
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、第13シードのM・ベレッティーニ(イタリア)が世界ランク51位のA・マレー(イギリス)を6-4, 6-4, 6-7 (1-7), 6-3で破り、4年連続の4回戦進出を果たした。

>>メドベージェフvsウー 1ポイント速報<<

>>セリーナvsトムヤノヴィッツ 1ポイント速報<<

全米オープン出場が5年連続5度目となるベレッティーニは2019年にベスト4進出、昨年大会で8強入りしている。今大会では1回戦で世界ランク123位のN・ジャリー(チリ)、2回戦で同119位のH・グルニエ(フランス)を下して勝ち上がった。

一方、35歳で元世界ランク1位のマレーは16度目の全米オープン出場で、2008年に準優勝、2012年に優勝をおさめている。今大会では1回戦で第24シードのF・セルンドロ(アルゼンチン)、2回戦で同204位のE・ナヴァ(アメリカ)を下して3回戦に駒を進めた。

ベレッティーニとマレーは4度目の対戦で、ベレッティーニの2勝1敗。直近では6月のボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)の決勝で対戦しており、ベレッティーニが6-4, 5-7, 6-3でマレーを破り、今季初のツアー優勝を果たした。

この試合、ベレッティーニは18本のサービスエースを決め、ファーストサービスが入ったときに74パーセントの確率でポイントを獲得。第1セットでは1度、第2セットでは2度のブレークに成功しセットカウント2−0とリードする。

しかし、第3セットでは8度のブレークチャンスを活かせずタイブレークに突入すると7ポイントを連取され、セットカウント2−1とされる。第4セットでは第1ゲームで先にブレークを許したものの、リターンゲームで2度のブレークに成功し、3時間47分で勝利した。

勝利したベレッティーニは4回戦で世界ランク39位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦する。ダビドビッチ フォキナは3回戦で同94位のD・ガラン(コロンビア)を6-4, 5-7, 6-4, 6-4で下しての勝ち上がり。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第5日は引退示唆 S.ウイリアムズが3回戦に登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>