キャスパー・ルード
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、第5シードのC・ルード(ノルウェー)が第29シードのT・ポール(アメリカ)を7-6 (7-3), 6-7 (5-7), 7-6 (7-2), 5-7, 6-0のフルセットで破り、大会初の4回戦進出を果たした。

>>セリーナvsトムヤノヴィッツ 1ポイント速報<<

>>メドベージェフvsウー 1ポイント速報<<

5年連続5度目の全米オープン出場となったルードは昨年大会、B・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)に敗れ2回戦敗退。最高成績は2019年の3回戦進出となっている。

今大会の1回戦では世界ランク601位のK・エドモンド(イギリス)、2回戦では同117位のT・ファン・ライトーフェン(オランダ)を下して勝ち上がった。

この試合の第1セット、序盤で3ゲーム連取に成功したルードだったが第7ゲームでブレークバックを許しタイブレークに突入。それでも3度のミニブレークに成功し先行する。続く第2セットでも互いに1度ずつブレークを奪いタイブレークへ。ルードは2度のミニブレークを奪われ、セットカウント1−1に追いつかれる。

第3セット、第11ゲームで2度目のブレークを許したルードだったが、ポールのサービング・フォー・ザ・セットとなった第12ゲームでブレークに成功。またしてもタイブレークにもつれ込むも3度のミニブレークに成功し、セットカウント2−1と勝利に王手をかける。

しかし、第4セットでは互いにサービスキープが続くも第12ゲームでブレークを許し2セットオールとなる。迎えたファイナルセット、ルードは1ゲームも取られることなくベーグルで制し、4時間23分の死闘の末に勝利した。

ルードは試合後の会見で「1日に4時間以上テニスをすることはあまりない。明らかに挑戦だった。でも、気分はよかったし、フィジカル的にもよかった。それはとてもうれしいことだね。試合はとても接戦で、ずっと一進一退だった」と語った。

「ファイナルセットでは、とても良いスタートを切ることができ、それを続けていくことができた。その時のレベルには、とても満足している。体もその分持ちこたえたしね」

勝利したルードは4回戦で世界ランク112位のC・ムーテ(フランス)と対戦する。ムーテは3回戦で同66位のP・カチーン(アルゼンチン)を6-3, 4-6, 6-2, 7-5で下しての勝ち上がり。

同日には第13シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第27シードのK・ハチャノフ、世界ランク39位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)が4回戦へ駒を進めている。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第5日は引退示唆 S.ウイリアムズが3回戦に登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>