加藤未唯(4月:イスタンブール)
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は3日、女子ダブルス2回戦が行われ、加藤未唯/ A・スーチャディ(インドネシア)組は第6シードのD・クラウチェク(アメリカ)/ D・スゥース(オランダ)組に7-5, 1-6, 6-7 (3-10)の逆転で敗れ、3回戦進出とはならなかった。

>>ナダルvsガスケ 1ポイント速報<<

>>シフィオンテクら全米OP 女子の組合せ・結果<<

今季、5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)からペアを組んだ加藤とスーチャディ。その後は6大会に出場し、7月のハンブルグ・ヨーロピアンオープン(ドイツ/ ハンブルグ、レッドクレー、WTA250)では準優勝を飾っている。

加藤が全米オープンのダブルスに出場するのは2年連続6度目であり、最高成績は3回戦進出となっている。一方、ペアを組むスーチャディは今大会が初出場となった。

今大会の1回戦ではラティシャ・チャン(台湾)/ S・ストーサー(オーストラリア)組をストレートで下して勝ち上がった。

この試合の第1セット、第1ゲームから3ゲームを連取された加藤/スーチャディ組。それでも第7ゲームでブレークバックに成功すると第11ゲームで2度目のブレークを奪い、先行する。

続く第2セットでも第1セット同様に序盤で3ゲーム連取を許す。リターンゲームでは1度もブレークチャンスを掴むことができず、第11ゲームで2度目のブレークを許し、セットカウント1−1に追いつかれる。

迎えたファイナルセット、互いに5度ずつブレークを奪い合いタイブレークに突入。加藤/スーチャディ組は1度もミニブレークを奪うことができず、2時間45分の激闘の末に力尽きた。

勝利したクラウチェク/スゥース組は3回戦で第11シードのM・コスチュク(ウクライナ)/ ザン・シュアイ(中国)組と対戦する。コスチュク/ ザン組は2回戦でA・サスノビッチ/ T・ミハリコバ(スロバキア)組を6-1, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

また、日本勢では柴原瑛菜と青山修子がダブルスに出場。A・ムハンマド(アメリカ)とペアを組み第9シードとして出場する柴原は2回戦でC・ハリソン(アメリカ)/ I・ニール(アメリカ)組をストレートで破り3回戦進出。一方、チャン・ハオチン(台湾)とペアを組み第15シードとして出場する青山はK・クリスチャン(アメリカ)/ L・マロザワ組を下し、3回戦に駒を進めている。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第6日 男女ダブルス2回戦 西岡 良仁、柴原 瑛菜、加藤 未唯が登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>