ベスト8進出を果たしたキリオス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は4日、男子シングルス4回戦が行われ、第23シードのN・キリオス(オーストラリア)が第1シードのD・メドベージェフを7-6 (13−11),3-6,6-3,6-2で破り、初のベスト8進出を果たした。

>>キリオス、ナダルら全米OP男子 組合せ<<

先月のナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)2回戦でも対戦し、そのときはキリオスが勝利していたこの組み合わせ。この試合は序盤からサービスエースと激しいストロークの応酬となる。

第1セットではキリオスが高速のサービスエースを放ちキープを続けると、リターンゲームではセカンドサービスのリターンから主導権を握りメドベージェフのミスを誘うと、第6ゲームで初のブレークに成功。直後の第7ゲームでブレークされるも、タイブレークではフラストレーションから2度ラケットを叩きつけながら激闘をものにし1時間で先取する。

第2セットでは第2・第6ゲームでブレークを許したキリオス。第7ゲームで1度ブレークを返したものの、セットカウント1−1に追いつかれる。それでも第3セットではファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得すると、最後までブレークを許すことなく勝利に王手をかける。

第4セットでは第3ゲームで先にブレークすると第5ゲームでもリードを広げるブレークに成功。中盤5ゲームを連取し勝負を決定づけた。2時間54分で勝利している。

準々決勝では第27シードのK・ハチャノフと対戦する。ハチャノフは4回戦で第12シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのC・ルード(ノルウェー)、第13シードのM・ベレッティーニ(イタリア)が8強へ駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第7日 女子ダブルス3回戦 柴原 瑛菜、青山 修子が登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>