ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、男子シングルス4回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)は第22シードのF・ティアフォー(アメリカ)に4-6, 6-4, 4-6, 3-6で敗れ、2019年以来3年ぶり10度目のベスト8進出とはならなかった。

>>アルカラスvsチリッチ 1ポイント速報<<

>>ティアフォー、キリオスら全米OP 男子の組合せ・結果<<

過去2010年・2013年・2017年・2019年の計4度優勝を飾っており、今回は優勝した2019年以来の参戦となる36歳のナダル。今大会の1回戦では世界ランク198位のR・ヒジカタ(オーストラリア)、2回戦では同60位のF・フォニーニ(イタリア)、3回戦では同91位のR・ガスケ(フランス)を下して勝ち上がった。

この試合の第1セット、互いにサービスキープが続くも第7ゲームでブレークを許したナダル。リターンゲームでは1度もブレークチャンスを掴めず、先行される。

それでも続く第2セットではファーストサービスが入ったときに92パーセントの確率でポイントを獲得。終盤となった第10ゲームでこの日初のブレークチャンスをものにし、セットカウント1−1に追いつく。

しかし、第3セット、ナダルは第7ゲームでブレークを許す。第1セットと同様に1度もブレークチャンスを掴めず、セットカウント1−2と崖っぷちに立たされる。

迎えた第4セット、ナダルは第4ゲームでブレークに成功しゲームカウント3-1とリード。しかし、直後の第5ゲームから5ゲーム連取を許し、ティアフォーに初めて敗れた。

勝利したティアフォーは準々決勝で第9シードのA・ルブレフと対戦する。ルブレフは4回戦で第7シードのC・ノリー(イギリス)を6-4, 6-4, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

4日には第5シードのC・ルード(ノルウェー)、第13シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第23シードのN・キリオス(オーストラリア)、第27シードのK・ハチャノフが8強に駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第8日 混合ダブルス準々決勝に柴原 瑛菜が登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>