ナダルから初勝利をあげたティアフォー
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、男子シングルス4回戦が行われ、第22シードのF・ティアフォー(アメリカ)が第2シードのR・ナダル(スペイン)を6-4, 4-6, 6-4, 6-3で破り、大会初のベスト8進出を果たした。ティアフォーは試合後、「自分ができると信じて臨んだ」と語った。

>>アルカラスvsチリッチ 1ポイント速報<<

>>ティアフォー、キリオスら全米OP男子 組合せ・結果<<

ティアフォーは全米オープンに9年連続9度目の出場。今大会は3回戦で第14シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を破り、3年連続の16強入りを果たした。

36歳のナダルは、全米オープンで2010年・2013年・2017年・2019年の計4度優勝を飾っており、今大会は優勝した2019年以来の出場。3回戦で世界ランク91位のR・ガスケ(フランス)を6-0, 6-1, 7-5のストレートで破り、12度目の4回戦進出を決めた。

両者は3年ぶり3度目の対戦で、これまでナダルが2戦2勝。

この試合、ティアフォーは18本のサービスエースを決め、ファーストサービスが入ったときに76パーセントの確率でポイントを獲得。第1セットを先取するも第2セットでは終盤でブレークを許し1セットオールとされる。それでも第3・第4セットを連取し、3時間34分で勝利した。

ティアフォーは試合後の会見で「ものすごいパフォーマンスだった。今日は本当にいいプレーができたよ」と語った。

「僕はただ、自分ができると信じて臨んだんだ。何度か対戦したことがあるのが救いだったね。何年か前に対戦したきりだけど、今の僕はその時とは別人、別の選手だ」

「若い選手たちがラファ、フェデラー、ノヴァークに勝利しているのを見ると、ゲッという感じだったね。僕にもその中の1人を倒した、と言える日が来るのだろうか?今日僕はそうするつもりだ、と思って臨んだんだ。これで僕も、いつか子供たちや孫たちに『僕はラファに勝ったんだ』と言うことができるね。願わくばもう二度と彼(ナダル)と対戦しないで勝利で終わりたいよ(笑)」

勝利したティアフォーは準々決勝で第9シードのA・ルブレフと対戦する。ルブレフは4回戦で第7シードのC・ノリー(イギリス)を6-4, 6-4, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。両者は3度目の対戦でこれまで1勝1敗。直近では今年のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)の2回戦で対戦し、ルブレフが6-3, 6-4で勝利している。

ティアフォーはルブレフとの対戦について、「前回アンドレイと対戦したのは怪我から復帰したばかりだった、6週間ほど休んでいたんだ。復帰して初めての大会で、彼は本当に良いプレーをしていた。だから、それほど自信がなかったんだ」とコメント。

「彼はいいプレーをした。その日は彼の方が良い選手だった。今、僕たちは2人ともグランドスラムの準々決勝にいる。だから、観客と一緒になってもっともっと良いプレーをするつもりだよ。より多くのことがかかっている、まったく違う試合になるような気がするね。昨年みたいに、今年も荒れた展開になりそうだ」

ティアフォーとルブレフの準々決勝は、日本時間8日(現地7日)に行われる予定。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第8日 混合ダブルス準々決勝に柴原 瑛菜が登場!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>