ヤニック・シナーが接戦制す
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、男子シングルス4回戦が行われ、第11シードのJ・シナー(イタリア)が世界ランク73位のI・イヴァシカを6-1, 5-7, 6-2, 4-6, 6-3のフルセットで破り、初の準々決勝進出を決めた。

>>アルカラスvsチリッチ 1ポイント速報<<

>>キリオスら全米OP男子 組合せ・結果<<

全米オープンに4年連続4度目の出場のシナーは、昨年の4回戦進出が最高成績。今大会、3回戦で世界ランク69位のB・ナカシマ(アメリカ)を3-6, 6-4, 6-1, 6-2の逆転で破って2年連続で4回戦に進出した。

一方、全米オープンに6度目の出場のイヴァシカは今大会、2回戦で第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)、3回戦で第26シードのL・ムセッティ(イタリア)を破って勝ち上がった。

初顔合わせとなったこの試合、シナーが第1セットを31分で先取。シナーは第2セットも先行するも、イヴァシカが逆転に成功し71分で1セットオールとする。

シナーは第3セットを奪い、試合の流れは傾くかと思われたが第4セットを再びイヴァシカが取り、試合の行方はファイナルセットに。

ファイナルセット、シナーはイヴァシカに第4ゲームで先にブレークを許すも、その後2度ブレークを奪って3時間47分で勝利を掴んだ。

シナーの試合後のコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され「今日は苦しかったし、ベストなプレーができなかった」と語った。

「ただファイナルセットでは、深く考えるようにした。 次のラウンドに進むことができて、とてもうれしいよ」

勝利したシナーは準々決勝で、第3シードのC・アルカラス(スペイン)と第15シードのM・チリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

同日に行われた男子シングルス4回戦では、第22シードのF・ティアフォー(アメリカ)、第9シードのA・ルブレフが勝利し、準々決勝に駒を進めている。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>