アルカラスが2年連続の8強
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、シングルス4回戦が行われ、第3シードのC・アルカラス(スペイン)が第15シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-4, 3-6, 6-4, 4-6, 6-3のフルセットで破り、2年連続のベスト8進出を決めた。

>>キリオスvsハチャノフ 1ポイント速報<<

>>アルカラス、キリオスら全米OP男子 組合せ・結果<<

今季ツアー4勝をあげてトップ10に定着した19歳のアルカラスは昨年初めて全米オープンに出場し、ベスト8に進出した。今大会、3回戦で世界ランク43位のJ・ブルックスビー(アメリカ)を6-3, 6-3, 6-3のストレートで破り、2年連続で4回戦に勝ち上がった。

一方、2014年に決勝で錦織圭を下して全米オープンで初優勝を飾ったチリッチは現在33歳。全米オープンには15度目の出場で、昨年は1回戦でP・コールシュライバー(ドイツ)と対戦し、ファイナルセットで途中棄権をしていた。今大会は3回戦で第20シードのD・エヴァンス(イギリス)を7-6(13-11), 6-7(3-7), 6-2, 7-5で破り、3年ぶり7度目の4回戦進出を果たした。

チリッチとアルカラスは4度目の対戦で、これまでアルカラスの2勝1敗。今年はATPマスターズ1000で2度対戦し、いずれもアルカラスに軍配が上がっている。

第1セット、チリッチが第2ゲームでブレークに成功するも、アルカラスは第3、第5ゲームでブレークを奪って先取する。

第2セット、今度はアルカラスが先にブレークを奪うもチリッチが2度ブレークし、1セットオールに。

続く第3セットをアルカラスが奪うも第4セット、チリッチが第9ゲームでブレークに成功してファイナルセットに突入する。

迎えたファイナルセットは互いにサービスブレークから始まる。アルカラスは第4ゲームをラブゲームでブレークし、チリッチの反撃を許さず約4時間に及ぶ熱戦を制した。

勝利したアルカラスは準々決勝で第11シードのJ・シナー(イタリア)と対戦する。両者はツアーレベルでは4度目の対戦で、今年は2戦2勝でシナーに軍配が上がっている。

また同日に行われた男子シングルス4回戦では、第22シードのF・ティアフォー(アメリカ)、第9シードのA・ルブレフが勝利し、準々決勝に駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>