ニック・キリオス
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は6日、男子シングルス準々決勝が行われ、第23シードのN・キリオス(オーストラリア)は第27シードのK・ハチャノフに5-7, 6-4, 5-7, 7-6(7-3), 4-6のフルセットで敗れ、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に続くベスト4進出はならなかった。キリオスは試合後、今後の大会出場予定について「他の大会はどうでもいい」と語った。

>>ハチャノフら全米OP男子 組合せ・結果<<

>>シフィオンテクら全米OP女子 組合せ・結果<<

キリオスが全米オープンに出場するのは9度目で、これまでの最高成績は3回戦進出。今大会、4回戦で第1シードの昨年覇者D・メドベージェフを7-6 (13-11), 3-6, 6-3, 6-2で破り、初の準々決勝進出を果たした。

一方、全米オープンに8度目の出場のハチャノフは4回戦で第12シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)を4-6, 6-3, 6-1, 4-6, 6-3のフルセットで破り、初のベスト8進出を決めた。

両者は3度目の対戦で1勝1敗。直近では2020年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)3回戦で対戦し、4時間26分に及んだ激闘をキリオスが6-2, 7-6(7-5), 6-7(6-8), 6-7(7-9), 7-6(10-8)で制していた。

この試合、キリオスは第1セットを先取されるも第2セットの第3ゲームでブレークに成功し、1セットオールにする。

振り出しに戻したキリオスだったが、第3セットは第12ゲームでブレークを許して再び追う展開に。続く第4セットをタイブレークで制し、再び2セットオールに追いつく。

先行したいキリオスだったが、ファイナルセットの第1ゲームでいきなりブレークを許し、挽回することができず3時間39分の激闘の末に敗れた。キリオスはハチャノフと言葉を交わしながら握手を終えた後、ベンチに戻ると自身のラケットを叩きつけて怒りをぶつけた。

キリオスは試合後の会見で、今後の大会出場予定について問われると「正直、他の大会はどうでもいいくらいだ」と語った。

「グランドスラムで成功すると、他の大会がどうでもいいような気がするんだ。良くなったり悪くなったり、グランドスラムではそんなことは関係ない。勝つか負けるかのどちらかだ。その日に調子が上がったとか、大会のベストマッチを演じたとか、そんなことはみんな気にしないんだ」

「グランドスラムでは、勝っても負けても、それしか人々の記憶に残らないんだ。1年のうち、他の多くの大会は本当に時間の無駄だと思う。グランドスラムに駆けつけて顔を出せばいいんだよ。それが皆の記憶に残るんだ」

勝利したハチャノフは準決勝で第5シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは準々決勝で第13シードのM・ベレッティーニ(イタリア)を6-1,6-4,7-6 (7-4)のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第10日 男女シングルス準々決勝 19歳アルカラスvs21歳シナーは必見!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>