フランシス・ティアフォー
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、男子シングルス準々決勝が行われ、、第22シードのF・ティアフォー(アメリカ)が第9シードのA・ルブレフを7-6 (7-3), 7-6 (7-0), 6-4のストレートで破り、四大大会初のベスト4進出を果たした。

>>アルカラスvsシナー 1ポイント速報<<

>>ティアフォー、アルカラスら全米OP 男子の組合せ・結果<<

24歳のティアフォーは今回が8年連続の出場。今大会では1回戦で世界ランク56位のM・ギロン(アメリカ)、2回戦で同109位のJ・クブラー(オーストラリア)、3回戦で第14シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、4回戦で第2シードのR・ナダル(スペイン)を下して勝ち上がった。

この試合の第1セット、互いにサービスキープが続きタイブレークに突入。ティアフォーが3度のミニブレークに成功し、先行する。

続く第2セットでは互いに1度もブレークチャンスを与えず、サービスキープが続き再びタイブレークに突入。7ポイントを連取したティアフォーがセットカウント2−0とし、勝利に王手をかける。

迎えた第3セット、ティアフォーが第7ゲームで両者通じて初のブレークに成功。このリードを守り切って、2時間35分で勝利した。

勝利したティアフォーは準決勝で第3シードのC・アルカラス(スペイン)と第11シードのJ・シナー(イタリア)の勝者と対戦する。

一方、敗れたルブレフは四大大会初の4強入りとはならなかった。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第10日 男女シングルス準々決勝 19歳アルカラスvs21歳シナーは必見!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>