ウィンブルドンでの小田凱人
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、男子車いすテニスのシングルス1回戦が行われ、第4シードの小田凱人はD・カベルサスチ(スペイン)が6-0の時点で棄権を表明したため、初戦突破を果たすとともにベスト8進出を決めた。

>>アルカラスvsシナー 1ポイント速報<<

>>アルカラスら全米OP 男子の組合せ・結果<<

16歳の小田は初のグランドスラム出場となった6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では国枝慎吾に準決勝で敗れベスト4。7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では初戦敗退を喫しており、初出場となる今大会で上位進出を狙う。

この試合の第1セット、小田はファーストサービスが入ったときに93パーセントの高い確率でポイントを獲得。1ゲームも取られることなく先取する。そして第1セット終了時にカベルサスチが棄権を表明したため、19分で勝利した。

勝ち上がった小田は準々決勝でN・パイファー(フランス)と対戦する。パイファーは1回戦でA・カタルド(チリ)を6-2, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードの国枝慎吾と三木 拓也も8強に駒を進めている。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第10日 男女シングルス準々決勝 19歳アルカラスvs21歳シナーは必見!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>